· 

「生存戦略」としての子育て【2】―“見返り"が大きいフィリピンの子育てvs"見返り”が小さい日本の子育て

「若い国」フィリピンにはこんな可愛い子どもたちがいっぱい
「若い国」フィリピンにはこんな可愛い子どもたちがいっぱい

 「『生存戦略』としての子育て【1】ーとにかく楽なフィリピンの子育て vs とにかく大変な日本の子育て」でみたとおり、フィリピンでは子育てのハードルが低いので、女性たちは大きな迷いなく子どもを産みます。迷わないのは、カトリック教国ゆえ避妊・中絶が法的に禁止されていることも影響しています。「迷えない」のですから、しかし、禁止はあくまで「建前」、抜け道はいくらでもあるみたいです。 

 

注目したいのは、日本とフィリピンの子育てで違うのは、子育てのハードルが高い/低い、母親の肉体的・心理的な負担が重い/軽いの違いだけではないことです。フィリピンに住んで初めて気づきましたが、もっと重要な違いがありました。

◆”見返りの大きい”フィリピン、”見返りの小さい”日本

その違いとは、日本の子育ては、”大変なのに見返りが小さい”(=肉体的・心理的・経済的負担が大きいのに見返りが小さい)、一方、フィリピンは、”楽なのに見返りが大きい”(=肉体的・心理的・経済的負担が小さいのに見返りが大きい)という事実です。 

 

”見返り”と一言で言ってもいろいろあります。扶養・介護してもらうなどの実用的経済的メリットをもたらしてくれるのもそうですし、心の支えになる、いざというとき相談にのってもらえるなどのように心理的精神的メリットに重点がおかれたものもそうです。

  

前者がフィリピン人の親の見返り、後者の日本人の親の見返りといえるでしょう。 

 

フィリピン人は、びっくりするくらい親孝行で家族思いです。貧困層に限らず、自分の給料のほとんどを家族に渡します。海外に働きに行っても、自分のためには生活に必要なわずかばかりのお金を残し、あとはほとんど送金します(海外からの送金額はフィリピンのGDPの実に1割に占めます!) 

 

私などはつい、自分が働いて稼いだお金なんだから、自分のために使ったり貯めたりすればいいのにと思ってしまいますが、フィリピン人はそんなふうには思わないようです。自分が稼いだお金を親きょうだいに渡すのは、当たり前すぎて疑問に思ったことなど一度もないといった風です。 

 

また、年金制度や介護保険などの社会保障制度が十分整備されていないフィリピンでは、年老いた扶養・介護も子どもたちの仕事・義務です。当校ウィルの教師たち(教育レベルが高く、考え方もリベラル!)にも念のため聞いてみました。「年取ったら、子どもに養ってもらうの?」。答えは「Why not(もちろん)?!」でした。

香港で家政婦として働くフィリピン人女性たち:給与のほとんどを家族に送金します
香港で家政婦として働くフィリピン人女性たち:給与のほとんどを家族に送金します

◆親と子の関係は資源の循環・還流

ところで、ライフサイクルでみると親子関係の変化は資源(心身のエネルギーや経済など)の流れの変化としてとらえることができます。子育て期は、親のもつ資源が子に投入されます。やがて親の高齢化が進むにつれて資源の流れは逆転し、子による親の扶養という形で、今度は子のもつ資源が親に向けられます。 

 

フィリピンに限らず、これまで多くの国・地域で、人類は親子間で資源を循環・還流させることによって人生末期も安心して老後を迎えられる仕組みを作り上げてきました。世代を超えて繁殖・繁栄するための人類の「生存戦略」と言えるでしょう。 

 

この先はわかりませんが、フィリピンは今のところこの仕組みがうまく機能しているようです。戦前の日本も同様でした。家制度のもと、長男に老親介護の責任が負わされていました。そのためか長男は他のきょうだいに比べて親に大切育てられたともいいます。

  

フィリピンが当時の日本と違うのは、特に長男と決められているわけではない点です。扶養・世話は「できる子」がやればいいと考えるのがフィリピン流。これにより、親の老後はさらに安泰となります。

◆子沢山は「できる子」が産まれる確率を高めるため?!

「できる子」に関連して、フィリピンあるあるの小ネタを一つ、紹介します。  

フィリピンの家族は、概して子沢山です。特に貧困層では、その傾向が強く、子どもが十人なんというのも珍しくありません。「子ども育てるにはお金かかるのに、なんで?」の質問に、あるフィリピン人がこんなふうに教えてくれました。 

 

「たくさん産んでおけば、その中には一人くらい頭のいい子がいるかもしれない。一人くらい器量のいい子がいるかもしれない。将来はその子が稼ぎ頭になって年老いた親やきょうだいも養ってくれるだろうと期待するから」というもの。 

 

冗談半分の小話なのですが、本気かもと思えるほどリアリティがある話だったので妙に印象に残っています。ちなみに、フィリピンでは稼ぎ頭になるのは女の子が多いようです(実際、概して、女性の方がしっかりしていて頑張り屋)。 

 

小さい頃から「結婚するなら外国人(全員金持ちがと思われています)」と言われて育つ女の子も少なくありません。 

 

昨年、私たちの家の隣に新しい立派な家が建ちました。オーナー夫婦はお金持ちそうな初老のカナダ人男性と若いフィリピン人女性です。リビング、キッチンのほかにベッドルームが5つもある豪邸です。建築中、二人で住むのにこんなに大きな家が要るのかしらと思っていましたが、完成したとたんにその理由がわかりました。若奥様のご両親、ごきょうだい、姪っ子や甥っ子まで引っ越してきました(笑)。 

 

このケースなどは、フィリピン流「生存戦略」の真骨頂、フィリピンの子育ては、“楽なのに見返りが大きい”の好例といえるでしょう。見返りをゲットできるのが親だけでなく、きょうだい、親戚にまで及ぶのもフィリピン流。面倒をみる方(この例でいえばカナダ人初老の男性)からすれば「家族もろとも」で大変ですが、みられる方は盤石のセイフティネットです。 

 

フィリピンでは、このように子育てが楽なのに経済的にお得です。身も蓋もないような話ですが、このお得感こそが、フィリピン女性が大きな迷いなく子どもを産む理由の一つになっていると思います。

お隣りの豪邸:完成と同時にフィリピン人奥様の家族が引っ越してきました
お隣りの豪邸:完成と同時にフィリピン人奥様の家族が引っ越してきました

◆フィリピンでは、子どもの価値はもっぱら「実用的経済的価値」

ところで、【1】で述べたとおり、「生存戦略」とは、人はある行動を自分にとってプラスになるか、マイナスになるかを比較考量して、よりよく生きられる、より幸せに生きられる方を選択することです。 

 

子産み子育ての場合、自分にとってプラスになるかマイナスになるかを比較する上で判断材料となるのは何でしょうか。子どもが自分にとってどのような意味・価値をもつか、自分に何をもたらしてくれるかが重要になるでしょう。 

 

そこで、次に、親にとっての子どもの価値についてみてみたいと思います。発達心理学者の柏木恵子氏は子どものもつ価値という問題に注目し、『子どもという価値』(中央公論)のなかで、興味深いデータを紹介しています。 

 

世界銀行が世界24ケ国の人々を対象に「あなたにとって子どもはどのような満足を与えてくれますか」と質問したデータです(世界銀行、1984)。

 

途上国といわれる国々を中心に、子どもに親が経済的・実用的満足を得ている国々は決して少なくありません。私たち日本人は、子どもからお金や労働力をなどは想像もつきませんが、実際、フィリピンは「精神的な満足」よりも「経済的・実用的な満足」の方が高い国となっています(今後、経済発展に伴って逆転する可能性は十分ありますが)。

図1 子どもが与えてくれる満足ー経済的・実用的満足と精神的満足(世界銀行 1984)
図1 子どもが与えてくれる満足ー経済的・実用的満足と精神的満足(世界銀行 1984)

◆日本では、子どもの価値はもっぱら「心理精神的価値」

では、日本人は子どもにどのような満足を求めているのでしょうか。 

 

フィリピンのように経済的メリットは期待できません。それどころか、親の教育責任が大きいので(日本の公的子育て教育支援費は先進国中最低レベル)経済的にはマイナスの存在。幼稚園から大学まですべて公立に通っても1000万円、私立に通わせたら2000万円を超える出費。ちなみに、フィリピンでは公立なら幼稚園から大学まで無償です。 

 

にもかかわらず、子どもに老後の扶養・世話は期待しない・できない状況が加速し、老後の経済的リターンもありません。

 

では、現代の日本人は、子育てに何を期待しているのでしょうか。柏木氏の研究によると、子どもの存在がもたらす明るさ、愛らしさ、子どもを育てる楽しみや生きがいなどの精神的・心理的価値です。もはや子どもから経済的資源の還流(経済的リターン)は期待できなくなり、親にとっての子どもの価値はもっぱら精神的・心理的なものとなったわけです。 

 

改めて図1を見ると、子どもに「精神的満足」を求めている国々は、ほとんどすべて先進国といわれる国々です。子どもが経済的メリットにならない(むしろ、経済的にはデメリットになる)国では、子どもの数は必然的に少なくなります(少子化が加速)。そして、「少なく産んでよく育てる」戦略をとることになります。

  

しかし、ここで問題が起こります。この戦略は「子育てに失敗は許されない」プレッシャーに直結。特に、「親の子育てが子どもの人生を決める」的な言説に満ち満ちている日本では「親の責任」が肩にずっしり。でも子どもって自分が育ちたいようにしか育ちません。「親の努力はほとんど無駄」(米国の心理学者ハリスの『子育ての大誤解』より)になります(笑)。

日本では子どものは家庭を明るくする生きがいとなるなど心理的価値が期待されています
日本では子どものは家庭を明るくする生きがいとなるなど心理的価値が期待されています

◆成人後も資源投入?!ー大きすぎる「親の責任」

そんなことに薄々気づき始めるのは子育てが終わりに近づいた頃でしょうか。

 

ところで「子育ての終わり」っていつ頃でしょうか。子どもが成人した時期でしょうか。就職し経済的にも自立してくれた。「やれやれこれで一安心」「子育ては大変だったけどいい経験をさせてもらった」、「あとは子どもたちに迷惑をかけないよう」自分の生活・老後を考えようということなるのではないでしょうか。 

 

しかし、最近、ここで一安心とならない事態・事件が報道されているのが気になります。「中高年ひきこもり」問題です。内閣府が201812月に実施した調査を基に推計したところ、4064歳で引きこもり状態にある人が全国に61万人いるという結果がでています(実際には、もっと多いと言われていますが)。

 

引きこもり状態にある人とその生活を支える親が、ともに高齢化し、生活が行き詰まることは、それぞれの年齢から「8050問題」と呼ばれています。 

 

これらのケースの中でも特に悲惨だったのが、20196月、農林水産省の元事務次官(76)が、長男(44)歳を殺害した事件です。この父親は経済的支援のみならず、就職先を探したり一緒にコミケに行ったり、はてはゴミ出しをしたり精いっぱい寄り添い面倒をみてきたといいます。それだけに12月の懲役6年の実刑判決には多くの同情の声が寄せられました。 

 

「親の責任」の重さを象徴する悲しい事件でした。子どもが将来の安心・保険ではなく、将来(老後)の心配の種・リスクとさえなってしまっています。

  

ちなみにドイツでは、「引きこもり」はいないそうです。理由は、親たちが子どもを家から追い出すから。出ていかない場合は、警察の力を借りてでも追い出すそうです。こんな話を聞くと、40歳を超えた子どもの面倒をみつづけたり、いつまでも「親の責任」が云々される日本って一体どうなっちゃっているのかと考えさせられます。

元エリート官僚の父親が長男を殺害した事件は日本中に大きな衝撃を与えました
元エリート官僚の父親が長男を殺害した事件は日本中に大きな衝撃を与えました

◆日本で子どもが減っているのも「生存戦略」?!

少し脱線しましたが、フィリピンでは子どもが増え続け、日本では子どもが減り続けている一因に、両国の親たちのしたたかな「生存戦略」が見え隠れしました。

 

産めば産むほど安楽な老後が約束される可能性が高い社会、フィリピン。逆に、成人した子どもにまで「親の責任」を感じ続け(他人・世間からは「親の責任」を云々され)、いつまでも子どもが心配の種、リスクとさえなりうる社会、日本。 

 

ならば、あえてリスクはとらないでおこうかと若い人たちが考えるのも、一個人の「生存戦略」としてはアリなのかなと思ってしまいます。とても悲しいことですが・・

【余談】子育て家庭に思いっきり多額の現金給付を?!

 ここからは余談です。

「では、どうしたらいいのでしょうか?」という話を少しつけ加えたいと思います。この問いに私見を述べたいと思います。 

 

これまで日比の親たちの「生存戦略」を比較してきてつくづく思うのは、日本も子どもを産み育てると得する、そんな社会に変換していくしかないのではないでしょうか?!

 

子どもを産んだ方が産まないよりず~っと「お得!」と誰もが思うほどの大金(現在の「雀の涙」ほどの子ども手当ではなく、もっとたくさん、たとえば、子ども一人当たり1000万円とか)を現金給付または子どもの成長に合わせて分割給付する。 

 

実際、フランスが思い切った現金支給をしたところある程度少子化に歯止めがかかりました。日本も大胆な対策が求められるところです。 

 

このようなことを言うと、そんな金どこにあるんだ、財源はどうするのかという声が必ずあがります。そこで、提案です。財源として、高齢者の医療費を見直してはいかがでしょうか。 

 

増え続ける日本の社会保障関連費。なかでも医療費の伸びは止まりません。高齢者の医療費が増えたことが、医療費全体を押し上げています。医療費の60%に当たる25兆円を65歳以上の退職世代が使い、子どもはわずか6%。現役世代が使っている医療費は全体の3分の1(約14兆円)にすぎません。これって、おかしくないですか!! 

 

高齢者の数が増えているだからやむを得ないと思われそうです。しかし、問題は数の問題以上に、高齢者一人当たりの医療費が増加し続けていることです。昨年比で一人当たり10%も増加しているのです。

 

「これまで社会を支えてきた老人を粗末にするのか」「年寄りは早く死ねというのか?!」と怒りの声が聞こえてきそうです。実際、日本の政治家はその声が怖くてこれまでなかなか声を上げず手を出せずにいました(最近、75歳以上の医療費窓口負担を一定以上の人は2割にすることなどが提起されていますが・・・)。

 

しかし、自分がすでに高齢者といわれる年齢に近づいた今だからこそ、一有権者として 声を大にして言いたいと思います。「もう十分生きてきたのだから、もういいじゃないか」「若い世代に譲りませんか」と。

 

 自然の摂理から言って、高齢者を病院のベッドで管につなげ消えゆく命を一分一秒延ばすことにどれほどの意味があるのでしょうか。人は生まれ、生き、そして年を取って死ぬ。古今東西抗っても術なき厳然たる事実です。なのになぜこれほど多額のお金を使うのでしょうか。

 

昨年、92歳の父親を看取りました。家族の心情としては一分一秒でも長くという思いは強くありました。しかし、老衰あるいは老衰に伴う身体機能の機能低下・劣化に医療は無力です。いくら願っても改善・回復はありません。

 

 もちろん、痛みに対する医療ケアは必要です。しかし、管につながれて呼吸し心臓を動かしているだけの状態を維持する、そこに膨大な医療費を投じるのは本人をいたずらに苦しめることにもなりかねません。

 

日本はいま若い世代が“子どもを産み育てることに喜び・夢を感じられない国”になり、「日本消滅」とまでいわれる危機的状況にあります。

 

 だからこそ、「高齢者医療費を子どもを産み育てる親世代に回す!」 

そんな活動・運動をしようかしらと本気で考えている今日この頃です(笑)。

どなたか一緒にやりませんか~?!

【参考】

柏木恵子 子どもという価値ー少子化時代の女性の心理 2001 中公新書

ジュディス・リッチ・ハリス、橘玲(訳) 子育ての大誤解(新版)上・下ー重要なのは親じゃない 2017  ハヤカワ文庫NF

髙崎順子 フランスはどう少子化を克服したか  2016  新潮選書

【筆者紹介】平山順子  

元名古屋大教育学部准教授(心理学Ph.D)

共著書『家族心理学への招待』(ミネルヴァ書房、2019年現在、第2班9刷発行のロングセラー)

現在、フィリピンで英語学校「ウィルイングリッシュアカデミー」経営。発達心理学、ジェンダーの視点から子育てを応援するサイト「ワクワク育児革命~子育て・夫婦関係に悩むママ・パパのために」運営。