· 

フィリピン留学の「泣き所」ーココさえクリアできれば・・・

え~ん、えん、ココが痛いよ~
え~ん、えん、ココが痛いよ~

◆フィリピン留学人気はなぜ?!

 

韓国人、日本人、ベトナム人、台湾人、ロシア人、スペイン人・・・

今、フィリピンの語学学校には、フィリピン人から英語を習うために世界中の人が集まってきます。

 

日本でも数年前からメディアなどで話題に!

セブを中心にフィリピン各地で日本人経営の語学学校も急増、語学留学生を運ぶために日本発セブ直行便が増設されています。

 

 世界中でこんなに注目されるようになっている最大の理由は、なんといってもその安さ。

労働コストが低いので格安でマンツーマンレッスンが受けられる、物価が安いので長期滞在してもそれほどお金がかからない。

 

私どもの学校にはなんとスペインからも留学生がやってきます。わざわざなんでこんな遠くまでと思い、「イギリスとかマルタとかすごく近いのに!?」と聞くと、「フライト代払っても、フィリピンに来て勉強する方が安い」との返事。

欧米留学のほぼ3分の1!
欧米留学のほぼ3分の1!

◆フィリピン留学人気:安さ以外の理由はないの?

 

では、フィリピン英語留学は、その安さだけが魅力なのでしょうか? 「本当は欧米の英語圏に行くのが一番、けどお金かかるし~」の“消極的選択”なのでしょうか。

 

実をいうと、私もそんなふうに考えていた節があります。フィリピン留学を自ら経験するまでは・・・

ところが、実際に体験してみて、開眼。

 

むしろ、フィリピン人から英語を学ぶメリットがあることに気づきました。そう、”積極的選択”としてのフィリピン留学。

なんといってもおススメの理由は、次の2つです。

 

     【教える側がもつプラス要因】 フィリピン人教師はコミュニケーション能力が高く、教師としての資質に恵まれている。フレンドリーで、生徒の気持ちを汲む能力に長け、生徒の個性や能力にあった教え方ができる。

 

     【習う側がもつプラス要因】 ①ゆえに、生徒がリラックスして、さらに言えば楽しみながら学習できる。教師がフレンドリーで優しいフィリピン人だと委縮したり気おくれすることなく発話、質問ができる。

 

フィリピン英語留学には、こんな大きなメリットがあります。つまり、フィリピン留学は安い上に、教え方もよく、習う側もリラックスして学べる。「だったら、もしかしてフィリピン留学って、いいことばかりじゃない!!」 

スペイン人留学生:レッスンが楽しい
スペイン人留学生:レッスンが楽しい

◆フィリピン人の英語:初級者から見たら惚れ惚れするレベル

 

しかし、いきなり、そう結論づけるのは早計です。

 

実は、英語学校を経営するようになって気づいたことですが、フィリピン人の英語は私たちが期待するほど(あるいは宣伝されているほど)レベルの高いものではありません。というか、より正確にいえば、ある面で期待を裏切る場合があります。

 

もちろん、英語が公用語であるフィリピンでは、高等教育を受けたフィリピン人はヨドミなくペラペラ英語を話します。ネイティブともほぼ対等に英会話をこなします。英語初心者・初級者の日本人からみると、それはもう惚れ惚れするレベル。

 

  

◆フィリピン人の英語:中上級者から見たら、ときに「あれっ」?!

 

ところが、英語レベルが中級・上級の方がフィリピン人教師の授業を受けると、「あれっ?」と思うことが出てきます。なぜなら、彼ら・彼女らが文法的ミスをときどき犯すからです。

 

たとえば、Im looking forward to see you.(このtoは不定詞ではないのでseeではseeingとすべき)とか、If it will rain, I will not go there.(if節では、たとえ将来のことを言うときも現在形にすべき)なんて平気でいうし、ひどい先生になると(ちゃんとした語学学校ではこのレベルの先生は採用していないと思いますが・・・)、She go to school.(主語が三人称単数のときは動詞に-s、-esなどをつけるべき) とか、She dont work hard.なんて言ったりします(主語が三人称単数の否定文はdon'tではなくdoesn'tとすべき)。

 

そんなときの、中級・上級者の驚き・失望・不信感はたとえようもなく大きいものがあります。間違ってもこういう教師に「文法」や「ライティング」を習いたいと思いませんよね。

 

もっともネイティブでもこの手のミスを犯す(たとえばトランプ大統領はスピーチで文法的ミスを多発するので有名?!)のはよく見聞するところです。

しかし、いみじくも英語学校で英語を習う生徒としては、このようなミスは全くもってNG。

だって、先生なんですから、間違いはあってはならないと思うのが普通です。  

日本人の英語中上級者は文法に詳しい
日本人の英語中上級者は文法に詳しい

◆フィリピン人は文法学習なしで英語が話せるように

 

最初、私もそう思いました。経営者としてこの事実に直面したとき、愕然とし、未来に希望がもてない暗たんとして気持ちになりました。

 

しかし、その後、いろいろなフィリピン人の英語に触れ、フィリピン人がどのようにして英語を習得していくのか知るうちに、彼らが概して文法に弱い理由を理解するようになりました。

 

実は、フィリピン人はネイティブにかなり近い形で英語を習得してきていたのです。日常生活でも日本よりはるかに英語に囲まれて育ち、英語で教育を受けている(数学などの教科も英語で習う??イマ―ジョン教育)彼らにとって、英語は「外国語」ではなく、むしろ、「自然に」身につけていく「母語」に近いものだったのです。

 

当校のある教師(父親が弁護士)曰く、「赤ちゃんの時から家では英語で話しかけられて育ったの、だから小学校に入ったとき現地語が話せなくていじめられちゃったの」。また、別の教師に「考え事をするときとか、何語でするの?」と尋ねると、「英語!」「英語の方が考えがよくまとまる」との返事。ちなみに、彼女は英語で小説を書き、米国の懸賞小説に応募しり・・・。

 

要するに、英語教師に採用されるレベルのフィリピン人にとって、文法学習は無用。学校で、改めて英文法を習う必要はないし、実際、ほとんど習っていないのです。私たちが日本語の文法を改めて習ったりしないのと同じです。

 

要するに、われわれとフィリピン人の英語習得のプロセス、どうようにして英語が話せるようになるのかが違うのです。さらに言えば、それに付随して、何をもって英語ができるかと判断するか(英文法力が高い vs. 英語コミュニケーション力が高い)についても異なっているようです。

「外国語」として英語を学ぶ日本人にとって、文法知識は不可欠!
「外国語」として英語を学ぶ日本人にとって、文法知識は不可欠!

 

 

◆けれども、英語学校なのだから

 

誤解しないでいただきたいのは、私は、だからフィリピン人の文法力の低さを非難するな、黙認しろと言いたいわけではありません。フィリピン人の英語力が高いと信じて、はるばる日本からやってくる留学生に対して、「ごめん、フィリピン人はあんまり文法とかやってきていないから~」と放置しておくわけにはいきません。

 

曲りなりにも外国人に英語を教える立場にある英語教師(ESL教師:English as Second Languate教師)であるならば、英文法についての知識を深め、それを学習者に分かりやすく説明し、理解してもらう必要があります。

 

私どもの学校でもこの点を教師たちにしっかり話し、そうできるように指導しています。

裏話になりますが、当校では7~8割の教師は、できることなら「文法」の授業は担当したくないと言っています(笑)。

 

では、残り2~3割の教師が、嫌がらない、得意なのはなぜなのでしょうか?

不思議に思って、むしろ進んで文法授業を担当する教師にその理由を聞いたことがあります。「あなたはどうしてそんなに文法に強くて、教え方も上手なの?」と。すると、「自分で勉強しました」という言うではありませんか?!

 

このようにして初めて外国人にも英文法をきちんと教えられる教師となれるのです。この話からも明らかなように、採用基準を厳しくしてそういった教師だけを採用する、あるいはそうした教師になれるよう指導する、それしか方法はないのです。

 

こうして当校でも日本人とフィリピン人では、英語の習得のプロセスが違うという「発見」をしてからは、中上級の生徒さんでも満足していただけるよう教師陣をこのレベルの先生で固めることに心血を注いできました経営努力の9割方のエネルギーを注いできたといっても過言ではありません。

英語はペラペラ話せても、文法はどうも・・・
英語はペラペラ話せても、文法はどうも・・・

◆中上級者がフィリピン留学するなら

  

まとめます。フィリピン留学は、初心者、初級者の方にはフィリピン人の高いコミュニケーション能力のおかげで素晴らしい学習効果をもたらします。安いのに、成果抜群。最高のコスパが保証されているといえます。

 

しかしながら、中上級者の方には、会話力向上だかが目的ならまだしも、読み書きまで学ぶ場としてフィリピン留学を選ぶなら、学校の教育の質をしっかり見定めてからご決断を!

 

フィリピン留学の「泣き所」を理解し、ココをなんとかクリアする努力をしている学校かどうか? 中上級者でもリピート留学しているかどうか? ココがポイントです。

 

最後、私どもの学校(ウィル・イングリッシュ・アカデミー)の宣伝にようになってしまいましたが、いや、明らかしていますが、ご容赦ください(笑)。

 

 

https://www.well-english-academy.com/ 【文/junjun@ウィル・イングリッシュ・アカデミー